↑[[祥のノート INDEX>祥のノート]]↑
**ソフトウェア開発技術者試験対策の個人的メモ by [[祥]] #A01
**ソフトウェア開発技術者試験対策の個人的メモ by [[祥]] #01

#contents

*** 浮動小数点
-バイアス値とか、訳わかんね。 :(
//20050311

***論理演算
-「上かぎかっこ」みたいなのが NOT だって言われてもねぇ。
:補集合|NOTのあつまり
:差集合|たとえば A-B とか

***符号理論
-CRCとECCはそれぞれ「ハミング符号」の一種。

***グラフ
-正方格子グラフ(縦mマス・横nマス)の端から端まで行く経路は、''(m+n)! ÷ m!n!'' 通り。

***半導体素子 ←モトコではない
-バイポーラと比べたCMOSの利点は、''集積度が高い''こと。

:DRAM|集積度高・低速・安い → 主記憶
:SRAM|集積度低・高速・高い → キャッシュ

***RISCとCISC

||~RISC|~CISC|
|~命令の性質|単純|複雑|
|~命令の数|少ない(限定)|多い|
|~実行速度|速い|遅い|
|~メモリサイズ|小さい|大きい|
|~コンパイラとの関係|重大な影響アリ|影響少なし|
|~実装ロジック|ワイヤードロジック|マイクロプログラム|

***計算機アーキテクチャ

|SISD|一対一|
|SIMD|複数のユニットで同一の命令により複数データ処理|
|MISD|1つのデータに対して複数の命令を実行|
|MIMD|複数の命令で複数のデータ|

***ディスクアクセス

:1ブロックの読み書き時間|位置決め時間 + 回転待ち時間 + データ転送時間
:回転待ち時間|ディスク1回転時間 ÷ 2
:データ転送時間|ブロック長 ÷ データ転送速度
:必要ブロック数|(レコード数n ÷ ブロックか係数)の商の小数点以下を切り上げ

***LOG
log10・2^63 = 63 × log10・2

***正規分布

:N(μ,σ^2)|平均値μ、分散σ
:分散|偏差(測定値−平均)平方和 ÷ n
:標準偏差|分散の平方根

***O記法

|n+10|O(n)|
|2n|O(n)|
|n+n^2|O(n^2)|

***正規化
:N=M×B^E|M:仮数 B:基数 E:指数

//20050404 もうかなりウンザリしてきた(笑)

***プログラム言語
-''論理型プログラミング''で記述されるのは''「事実」と「規則」''。

***プロセスモデル
:スパイラルモデル|「成長モデル」を改良。

:プロセス成熟度モデル(CMM)|ソフトウェア開発組織およびプロジェクトの「プロセス」を評価。

***コストモデル
|~COCOMO|初級・中級・上級に分類|
|~Doty|開発ステップ数(工数はステップ数の指数乗に比例)|
|~Halstead|複雑さを推定|
|~Putnam|総開発工数|

***オブジェクト指向
:汎化−特化|車とバス・トラックの関係。
:集約−分解|車とシャーシ、タイヤ等の関係。

***要求分析手法
:エンティティ|分析対象実体における「業務上の管理対象」。 ←???(笑)

***モジュール設計
:モジュール強度|暗号的<論理的<時間的<手順的<連絡的<情報的<機能的

***結合・システムテスト
|トップダウン|→スタブ|
|ボトムアップ|→ドライバ|

// 05/04/05

***ソフトウェアの品質特性

|~機能性|機能と目的の一致の度合い|
|~信頼性|一定の条件下での機能を果たす度合い、障害からの回復のしやすさ|
|~使用性|機能のわかりやすさ、運用しやすさ|
|~効率性|時間的な速さや資源の有効活用度|
|~保守性|変更・修正の容易さ|
|~移植性|導入のしやすさ、他言語置換のしやすさ|

***回線多重化

|~CCU|Communication Control Unit|インターフェース制御、メッセージの分割と結合等|
|~NCU|Network Control Unit|加入電話網でのダイヤリング、着信・切断|
|~PBX|Private Branch eXchange|内線とか|
|~TDM|Time Division Multiplexer|複数の端末で回線を共有|

***OSI基本参照モデル
|~第7層|応用層|SMTP等|データ通信機能|
|~第6層|プレゼンテーション層|~|変換・逆変換|
|~第5層|セッション層|~|全二重・半二重、同期、再送等|
|~第4層|トランスポート層|TCP|全二重の伝送路を提供|
|~第3層|ネットワーク層|IP / X.25|データ中継・転送(パケット等)|
|~第2層|データリンク層|PPP / HDLC|フレーム単位での伝送|
|~第1層|物理層|RS-232Cほか|ビット単位の伝送|

***パケット交換とATM(セルリレー)
|~パケット交換|同期|N-ISDN|ソフトウェアで実現|※|
|~ATM|''非''同期|B-ISDN|ファームウェア|光ファイバ前提・誤り制御ナシ|

***DSUとかMODEMとか
|~DSU|デジタル伝送回路〜端末の信号形式の変換等|
|~MODEM|D←→A変換|
|~TA|端末をISDNに接続するためのプロトコル変換等|
|~CCU|データビットの変換やエラーチェック等|

***データモデル
|~関係モデル|VALUE|−|
|~階層モデル|ポインタ|親1:子n|
|~ネットワークモデル|リンク|親n:子1|

***データベースの正規化

|~第1正規形|繰り返し出てくる部分を固定部分と結合して隔離|
|~第2正規形|主キーに属する項目を分離→主キー完全従属と部分従属とを分離|
|~第3正規形|主キー以外の項目群の中で、従属関係にあるモノを分離|

***ACID特性
|~Atomicity|原子性|トランザクション処理が完了→完全に処理or完全に未処理|
|~Consistency|一貫性||
|~Isolation|独立性|1つのトランザクション処理は、他のトランザクションの影響を受けない|
|~Durability|耐久性|トランザクション後に確定した処理結果は保証される|

***コンピュータ犯罪
:スキャビンジング(ゴミ箱漁り)|気付かれないようにちょびっとずつ詐取する。

***ISOとか
|~ISO9000|8つの基本原則・顧客重視|
|~ISO10006|プロジェクトマネジメントのガイドライン|
|~SLCP-JCF98|システム開発取引の共通フレーム|

***文字コード
|~JIS||
|~Shift-JIS||
|~EUC|UNIX|
|~UNICODE|ISO/IEC10646の一部・固定長|

***標準化団体
|~国際標準化機構|''ISO''|
|~米国電気電子工学会|''IEEE''|
|~米国規格協会|''ANSI''|
|~国際電信電話諮問委員会|''ITU-T''|
|~国際電気標準会議|''IEC''|

// 2005/04/10 おしまい

----

リロード   新規 編集 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS